化学科

化学工業科のイメージ写真

目的

物質の性質、化学合成などの化学工業に関する基礎的な知識と技術を身につけ、化学的な考え方・能力、つまりものごとを『化学的に見る目』を養います。技術の進展に対応でき、未来の産業を担える化学技術者になることを目的とします。

特徴

『ハイテクノロジー』を支える素材は、全て化学の研究室から生まれています。
また、環境問題を調査し、考えることも化学の大切な役割です。

化学工業科では、化学物質の合成技術・物質を分析する技術・バイオテクノロジーなど幅広い化学技術を身につけ、正確かつ安全な『考える計測・制御・環境保全・情報処理・工場経営』を総合的に学習します。

全ての専門科目を修得して卒業すると、毒劇物取扱責任者の資格が無試験で取得できます。

卒業後は、化学系の技術・研究・開発・製造部門や、生化学分析部門・環境分析部門などへ進めます。

学習内容

化学工業科では、化学製品の製造を中心とした技術や装置、さらに計測・制御・環境保全・工場経営などについて3年間で以下の内容を学習します。

工業技術基礎
1学年で実施。化学専門の勉強だけでなく基礎的な機械や電気のことを学ぶことができる。
化学工業製図
手作業で行う機械製図と、コンピュータを用いたCAD製図を学習。
生産システム技術
工場経営に関する基礎的な科目で、電気的制御を中心に品質管理や工場運営まで幅広く学習。
工業化学
化学工業科の柱となる学問で、化学の基礎から応用までを学ぶ。工業生産に直結する化学変化やバイオ関連技術を学んだり、私達の生活環境に悪影響を与える物質を除去・無害化する方法、環境に優しい代替物質の開発について学習する。また、様々な化学物質の現場における実体験に基づく取扱を習得するなど、その内容は広範囲に及ぶ
授業風景の写真
地球環境化学
我々の生活する地球について、環境汚染対策をはじめ、あらゆる環境問題を学習する。
情報技術基礎
1学年で実施。計算する力を養ったり、コンピュータを使ってプログラムを作成したりする。
化学工業実習
化学合成反応、機器分析、化学工学、バイオテクノロジーなど化学の幅広い分野を実際に実験して学ぶ。
授業の様子
授業のイメージ
化学工学
単位操作や化学装置の研究を主眼とするような学問。
設備の一部の写真
課題研究
化学反応を中心とした専門的な物質合成だけではなく、電気や機械の知識を利用したものづくり、琵琶湖に関わった環境調査など自分たちで内容をよく考えて研究する。