電気科

電気科のイメージ写真

目的

『電気』に関する基礎的な知識や技術を学んだ上で、電気の発生から送電、応用としての電気設備、そしてコンピュータの基礎に至るまでを学習し、進歩し続ける工業のあらゆる分野に貢献できる技術者になることを目標とします。

特徴

私たちの生活になくてはならない電気、この電気の発生から応用までを総合的に学習できるのが電気科です。
パワーエレクトロニクス、マイクロエレクトロニクス、コージェネレーション施設など『電気』の果たす役割を、講義や実習を通して正確に身につけ、それを正しく安全に取り扱うことのできる技術者の養成を行います。

電気科では、全ての専門科目を修得して卒業すると、3年間の実務経験で第三種電気主任技術者の資格が得られたり、第二種電気工事士の一次試験が免除されたりします。また、第三級陸上特殊無線技士、第二級海上特殊無線技士の資格も卒業と同時に得られるようになりました。

卒業後は、各種電力施設や電気・電子・情報機器の技術・製造部門に進むことができます。

学習内容

機械を動かすのも電気、コンピュータを動かすのも電気、電気なくしては何もできない世の中です。その電気について、基礎から応用までを学習する電気科での工業専門科目は、以下のとおりです。

工業技術基礎
1学年で実施される3時間の実技実習。座学で学んだ理論の実証、電気の基本・オームの法則や電気工事の実技
実習の様子
電気実習
2、3学年で実施する実習。交流の分野の理論を実証したり、電子工作・電気工事の応用を学習する。
電気基礎
電気の基本であるオームの法則から交流まできめ細かく学習する。
授業用具の写真
電子技術
半導体素子や増幅回路、通信技術の基礎を学習する
課題研究
3学年で実施する自分で選べる実習。ものづくりからコンピュータプログラム、制御や資格取得などを1年間かけて学習。
情報技術基礎
コンピュータのハードウェア・ソフトウェアの基礎・プログラミングの基礎を学習。また今日、必要不可欠なワープロ、表計算ソフト、インターネット、電子メールについても学習する。
電気製図
3学年で実施する器械製図、コンピュータを用いたCAD製図。 照明やコンセントを自らが配置し家庭の屋内配線図を完成させる。
授業の様子
電気機器
電動機や発電機の仕組みを学習する。
機械のイメージ
電力技術
水力・火力・原子力・太陽熱や太陽光などの発電および送電に関する分野の学習。家庭やオフィス、道路といった照明装置の照度計算や配置、光源の種類も学習する。