機械科

滋賀県立瀬田工業高校の機械科のイメージ

目的

『機械』に関する基礎的な知識と技術を学習します。
工業の技術がどんなに高度になっても柔軟に対応できるように、『機械』に関する応用・情報技術を深め、情報化社会に適応できる能力と技術を身につけることを目標とします。

特徴

機械科では、金属の加工方法や素材についての基礎知識を学び、これらを発展させた機械設計のしかたや、図面の描き方、機械の製作方法などを講義や実習を通して学びます。

特に、最近のエレクトロニクスの進展に対応したマイコン実習、コンピュータ制御の工作機械であるNC旋盤やマシニングセンタ、さらにはエンジンの分解組立までも実習にとり入れた幅広い学習ができ、工業人としての力を充分につけることができます。

卒業後は、機械製造・電気機器製造をはじめ、情報産業・自動車産業等の設計・検査・製造部門、自動車整備、工場の保全などに進むことができます。

学習内容

機械科では基礎技術を習得し、工業技術がいかに高度化しても柔軟に対応できる教育を目指し、専門科目として3年間で以下の様な内容の学習を行います。

工業技術基礎
1年次に実施。旋盤や溶接の実習を通して、機械の操作方法を習得する。また、材料試験を通して、金属の性質を学習する。
授業風景
機械設計
機械部品を設計するための基礎的な学習をする。
自動車工学
自動車の関係法規とエンジン・自動車各部の整備などを学習する。
エンジンの写真
原動機
流体機械や内燃機関の学習を通してエネルギーの変換についての学習をする。
課題研究
3年間の学習を活かし、作品制作・調整、研究、実験・職業資格の取得など、自ら課題を見つけて学習する。
情報技術基礎
1年次に実施。コンピュータにおけるハードウェアとソフトウェアの学習をするとともに、BASIC言語でのプログラミングの基礎等を学ぶ。
機械製図
第三角法を用いて、機械図面を作成する。また、CADやドラフターなどを用い、JIS規格に則った図面の描き方を学習する。
授業風景
機械工作
材料の性質や各種機械を用いた加工法についての学習をする。
加工装置の写真
生産システム技術
電気回路の基礎と計測制御について学習する。