電気科

電気科のイメージ写真

目的

『電気』に関する基礎的な知識や技術を学んだ上で、電気の発生から送電、応用としての電気設備、そしてコンピュータの基礎に至るまでを学習し、進歩し続ける工業のあらゆる分野に貢献できる技術者になることを目標とします。

特徴

「電気」それは、空気や水と同じくらいに、私たちが生きていくうえでなくてはならない大切なエネルギーの一つです。明るい電灯の下でテレビを見たり、空調のきいた快適な部屋でオーディオを楽しむのも、工場で大きな機械が動くのも、すべてこの電気がなければ実現できないことです。また、コンピュータを使って情報機器などの制御する学習も大きな柱の一つです。


このように、電気はなくてはならないと同時にこれからもどんどん利用の拡大が進みます。つまり電気は、これからも世界をリードする大変重要な存在で、私たちの夢を実現してくれると言ってよいでしょう。

近い将来、社会に出て活躍するあなたが、この電気を学び電気の知恵を習得している人であればあなたの夢も大きく膨らむでしょう。瀬田工の電気科はそのような人材を育てる学科です。

卒業後は、各種電力施設や電気・電子・情報機器の技術・製造、ロボットの技術・製造・保守部門に進むことができます。

学習内容

電気に関する知識や技術を学び、その技術の裏付けとなる資格を取得し、将来電気関連の分野の技術者となる人材の育成を目指します。


1年生は電気で必要な共通基礎科目を学び、電気工事士の実技受験の対応ができる力などをつけます。
2年生からは電気類型、情報類型、理系四年制大学受験類型の3つから自分の進路や興味に合わせて選択肢し学びを深めていきます。

1年生共通科目

工業技術基礎
1学年で実施される3時間の実技実習。
座学で学んだ理論の実証、電気の基本・オームの法則や電気工事の実技

情報技術基礎
コンピュータのハードウェア・ソフトウェアの基礎・プログラミングの基礎を学習。また今日、必要不可欠なワープロ、表計算ソフト、インターネット、電子メールについても学習する。

電気基礎
電気の基本であるオームの法則から交流まできめ細かく学習する。
実習の様子 授業用具の写真

電気類型

「電気はどうして作られるのか」 水力、火力、原子力の発電原理を学びます。
「電気はどのように運ばれるのか」 送電、配電などの電力管理技術を学びます。
「電気はどのようにして使われるのか」 電気の利用技術まで幅広い知識を学びます。

機械のイメージ


情報類型

「アルゴリズムとプログラミング」 流れ図、C言語プログラミング技術について学びます。
「ソフトウェア技術」 OSの仕組み、セキュリティ関連技術について学びます。
「マルチメディアとマイコン制御」 3Dの世界、マイコン制御技術を学びます。
パソコンの写真

理系四年制大学受験類型

「数学A+数学Ⅱ+英語会話」 2年生で履修。特に数学Ⅱは4単位を学習
「数学B+数学Ⅲ+英語表現」 3年生で履修。特に数学Ⅲは4単位を学習
「物理+工業数理」 3年生で履修。特に物理は3単位を学習
その他、専門教科は情報類型と重なるところがあります。