情報電子科

情報電子化のイメージ写真

目的

情報技術と電子技術に関する学習を通して、情報・制御・計測に関する技術を身につけます。技術の進展に積極的に対応できる技術者になることを目標とします。

特徴

本校の情報電子科は、「情報技術」と「制御技術」をメインテーマに設定しています。情報技術では、ソフトウェアやプログラミング技術、そしてマルチメディアに関する学習をします。

制御技術では、ハードウェアや通信技術、そしてコンピュータによる制御の技術を学習します。また、進学や就職に役に立つ資格を在学中に取得出来るように、力を入れています。
次世代のテクノロジーを見つめる、鋭敏なセンスを情報電子科で養いましょう。

卒業後は、電気・電子・ロボット・情報機器の技術・製造・保守部門などに進むことができます。

学習内容

情報電子科では3年間で、工業技術基礎・生産システム技術・情報技術基礎・情報電子実習・情報電子製図・通信技術・電子計測制御・マルチメディア応用・電子技術・プログラミング・ハードウェア技術・ソフトウェア技術・電子機械・課題研究などの専門科目を学習します。

工業技術基礎
1学年で実施する実技3時間の実習。ワープロ実習、電気工事、デジタル時計の製作等
実習のイメージ
生産システム技術
電気基礎など工業の基礎学習から、それをいかに応用するかについて学習する。
情報電子実習
ロボットの制御、C言語プログラミング、電子工作等の応用。
ロボットの写真
情報電子製図
コンピュータを用いたCAD製図。製図の基礎から電子回路の作成を学ぶ。
通信技術・電子計測制御
データ通信の方法、機器を繋ぐネットワーク、測定技術を学習。
プログラミング
C言語によるプログラミングの応用技術の習得。
情報技術基礎
コンピュータの回路について、基本的な論理回路から始めて、コンピュータの構成、利用、C言語によるプログラミングについて学習する。
電子機械・電子機器応用
センサー技術、アクチュエータ、ロボット制御技術など、メカトロニクスに関する技術を学習する。
ロボットの写真
マルチメディア応用
画像処理・情報処理の基礎から応用までを学ぶ。
パソコンの写真
ソフトウェア技術
OS(Operating System)の基礎知識・操作管理、データベースの基本を学ぶ。
ハードウェア技術
コンピュータの基本回路の勉強から、データ通信、ネットワーク管理・保守の知識を学ぶ。
課題研究
3学年で実施、1年間を通してそれまで学んで来た技術の集大成として、自らで課題を設定して積極的に学ぶ。 マイコンカーの製作、ロボット製作、ホームページ作成など多岐に渡る方向がある